かんたんレシピバックナンバー レシピバックナンバーレシピバックナンバー
 

12月の家庭でつくれるかんたんなフランス料理
「鶏もも肉のコンフィー」
鶏もも肉のコンフィー

大きな写真へ
コンフィーとは、塩漬けの肉をローストしたもののこと。
また古来からの先人の知恵、保存食でもあります。
じっくり時間をかけた、香ばしいお料理です。
クリスマスメニューにいかがですか?
材料(4人分)
鶏もも肉/骨つき(または鴨のもも肉/骨付き)4本
塩 約10g
胡椒 適量
ニンニク 1片
ローリエ 1枚
タイム(またはローズマリー)2枝
油(家庭用サラダ油でok)約800cc
(※本来ならばラード、ガチョウの油を使う)

1) ニンニクは薄切り、ローリエは細かく千切ります。タイム(またはローズマリー)は手で摘み下準備をします。

2)下準備をした 手順1と塩、胡椒、を大きなボールで混ぜ合わせます。

3)手順2の中に鶏もも肉(骨付き)を入れ、手ですり込む様に混ぜます。

4)すり込んだ鶏もも肉をビニル袋に入れ、1日寝かせます。

5)1日寝かせた手順4をビニル袋から出し、水で洗い、きれいに拭き取ります。

6)フライパン(または鍋)あたためた油(低温/約800cc)を用意し、手順5を入れて1時間30分煮る。
  ※
油が沸騰しないように気をつけて!油は低温で維持させます。

7)鶏もも肉を竹串で刺し、火の通り具合を確かめます。竹串がすーっと刺されば大丈夫。

8)手順6を火から外し、鶏もも肉を冷まします。
 コンフィーは保存食。冷ました状態でラップをし、冷蔵庫で約2〜3週間保存が出来ます。


9)食べるときには、フライパンでお肉の表面がパリッとするまで焼き上げます。
 クレソンやじゃが芋、キノコのソテーなどを添えて出来上がり!!
 ※コンフィーで使った油は、次にコンフィーを作る時に使いましょう。


香ばしく柔らかい鶏もも肉のコンフィーを召し上がれ!

Lunch and Dejeuner Menuこれまでのレシピはこちら

 メニューインフォメーションスタッフ紹介│ かんたんレシピ │ クーポン
 掲示板リンクトップE-Mail